半導体製品の製造・異形部品実装・検査(フォトリソ・MEMS・PDMS・CVD)生産受託の九州セミコンダクターKAW

半導体製品の製造・異形部品実装・検査(フォトリソ・MEMS・PDMS・CVD)生産受託の九州セミコンダクターKAW
お問い合わせ
for English
マイクロ流路
半導体製品の製造・異形部品実装・検査(フォトリソ・MEMS・PDMS・CVD)生産受託の九州セミコンダクターKAW

マイクロ流路

弊社における微細加工/MEMS技術

これまでに培ってきた半導体の微細加工技術を活かし、マイクロ流路の製造にかかわる分野をサポートいたします。

リソグラフィ技術

・・・ ご希望の流路デザインを設計からサポートいたします。

・・・ 頂いた仕様を元にパターン露光を施しSi鋳型を製作の上、製品化します。

・・・ ネガレジストを用いることにより、各種設計に柔軟に対応出来、安価で 且つ短納期に対応可能です。

・・・ i線のステッパーを用いることで最少1umまでの流路が製作可能です。

    (加工能力については次項を参照下さい)

流路形成

・・・ 一般的に流路は生体観察に影響の少ない PDMS を使用します。

接合技術

・・・ ガラスのみならず、PDMSとプラスティックの接合も可能です。

表面処理

・・・ 主にプラスティック、シリコーンゴムへの親水化


マイクロ流路チップ(マイクロ流体デバイス)

マイクロ流路チップ(マイクロ流体デバイス)は、MEMS技術などの微細加工技術を利用して微小流路や反応容器を作成し、バイオ研究や化学工学へ応用するためのデバイスを総称し、microTAS(micro Total Analysis Systems)やLab on a Chipなどとも呼ばれる研究分野になっています。

マイクロスケール空間を利用することで従来の大がかりで煩雑な分析や化学操作を小型化することを目的としています。

抗体との反応や細胞分離・抽出から、溶液の混合、精製、検出といった様々な操作が可能です。

また、マイクロスケール空間である為、微量試料で高速反応が得られるとともに、貴重な試料の使用や廃液処理が減量できます。省スペースで気軽に使用できるので、研究や開発といった用途にも最適です。

マイクロ流路チップ活用の可能性

マイクロ流路はさまざまな分野に活用できる技術であり、その応用範囲は多岐に渡ります。

マイクロ流路チップの主な用途

医療分野

DNA検査、各種生体分析、診断機器、製薬開発 等

化学分野

有機合成、化学物質分析、液晶技術への応用 等

環境分野

水質や土壌モニタリング 等

食品分野

食品衛生管理 等

測定分野

分析機器への活用 等